自社らしさを打ち出すなら!賃貸オフィスのメリット・デメリット


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットは社会的信用が得られることです。マンションの一室やコワーキングスペースで活動するなど企業のあり方も多様化しています。ですが、相手の会社が信頼できるかどうか判断する際には、実際にオフィスを構えて活動していることが重要視されるでしょう。また、賃貸オフィスは契約時の制限の中で自由にレイアウトを変えることが可能です。自社の特色を取り入れた内装を採用でき、来客の際に自社らしさをアピールできます。業務の効率化を図ったレイアウトへの変更もできるので、今後社員が増えたとしても柔軟に対応できるでしょう。オフィスの管理業務を減らせる点もメリットです。賃料の中に管理費も含まれており、メンテナンスや修理などの業務は管理会社の方に任せられます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスを利用する際に注意したいのが、入居するまでに費用や時間がかかることです。入居時には業務に必要な機器を準備する必要がありますし、家賃の数ヶ月分の保証金を支払うケースがほとんどです。初期費用が高くなりやすいデメリットがあり、入居後から半年程度の資金繰りを考えておいた方が無難です。さらに、オフィスを賃貸するには物件探しや審査、機器の搬入などの様々な手続きがあります。レイアウトにこだわるのなら内装工事も必要になるので、実際に入居するまでに時間がかかることも覚えておきましょう。月々の家賃の支払いが必要であり、資産として残せないのもデメリットです。経済状況によっては家賃の変動があることも意識しておきたいです。無理なく家賃を支払えるオフィスを選ぶようにしましょう。

「中央区に住んでいて在宅ワークをしているが、なかなかはかどらない」という人は、中央区で賃貸オフィスを利用すると良いです。