賃貸オフィスはどうやって選ぶ?確認したいポイントを解説

賃貸オフィスの共用部のチェックポイント

賃貸オフィスを選ぶ際に現地に出向いて内見することは重要ですが、オフィス内だけでなくビルの共用部も確認しましょう。まずチェックしておきたいのが清潔さです。廊下や階段、エレベーターホールなどビルの隅々まで清掃できていれば、しっかり管理ができていると言えるでしょう。逆に汚れているようでは、管理が十分でない可能性があります。また、廊下の幅やエレベーターの定員も調べておきたいです。使い勝手に影響するので、事業の規模に合わせて適切かどうか判断しましょう。同じビルにどのようなテナントが入居しているかも重要です。自社との属性が悪いと悪影響があるかもしれません。同業他社が入居している場合も、影響を受けないか慎重に考えることが必要です。

オフィス内部のチェックポイント

賃貸オフィスを内見する際には部屋の間取りを確認します。特に柱や窓の位置は重要であり、想定していたレイアウトが実現できるかどうか検討しておきましょう。OAフロアに対応しているかもポイントです。OAフロアとは床下に電源コードなどの配線を収納できるフロアのことであり、対応していない場合では床が配線で煩雑なことになりやすいです。多くのOA機器を使用するのなら、調べておきましょう。また、照明の明るさも意識しておきたいです。夜間に作業する場合は、日が落ちた後でも十分な明るさが確保できるか確認するためにも、夜間の内見も行うのがおすすめです。節電のためにLED照明を採用するオフィスも増えていますが、LEDの光は直進する特性があるので場所によっては暗くなるケースも少なくありません。実際に椅子に座った時の明るさをチェックするようにしましょう。

港区で賃貸事務所を借りる際、沿線沿いかもしくは広さか重要視すべき点を挙げておきましょう。港区は人気エリアの為価格も高めの傾向です