予算が気になるならローコスト住宅!注意すべきポイントとは?

ローコスト住宅が安い価格を実現できる理由とは?

ローコスト住宅は通常の注文住宅よりも建築費用を低く抑えながら、比較的自由な設計で家づくりできることで知られます。しかしそれを実現できる理由は、建築業者によって様々です。例えばある業者では独自の仕入れルートを確保し、安い価格で仕入れた資材を使用して、ローコスト化を図るケースがあります。また比較的規模の大きい建築メーカーになると、自社工場で規格化された資材を大量に生産できるため、仕入れコストをかけることなく、安価な家づくりが可能になります。この他にも効率性の高い工法を取り入れて工期の短縮化を図ったり、余計な営業活動や宣伝活動の廃止で人件費を削減するなどして、ローコスト住宅の提供を実現している業者もあります。

ローコスト住宅を選ぶならこのポイントを抑えよう!

ローコスト住宅というと、その安いイメージによって、品質まで疑う人がいるのも事実です。しかし住宅の基本的部分まで極端にコストカットしているわけではないので、必ずしもこの懸念は妥当とは言えません。ただしローコスト住宅ならではの特性から、次のポイントは抑えておくことが求められます。まず業者選びでは、保証制度やアフターサービスの充実度をよく確認することです。長期にわたり生活の中心になる住まいだからこそ、やはり安全性や安心感は大切。家の完成後に万が一トラブルが発生しても、適切に保証してくれる制度があったり、速やかにメンテナンスしてくれる業者であれば、たとえローコスト住宅でも安心して住み続けることができるでしょう。もう1つは、住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受け、自社商品の等級を明示できる業者を選ぶこと。施主はこの評価書から耐震性や耐久性等をチェックすることが可能になります。

住宅ローン返済の負担が軽減されるだけでなく、ローコスト住宅には工期の短さやリフォームのしやすさといったメリットもあります。