楽しく生活するために!賃貸住宅の上手な選び方


まずは家賃の上限を設定する

賃貸住宅を選ぶ時は、まず始めに家賃の上限額を設定することが大切です。収入に対して家賃の金額があまりにも高い場合、毎日の生活が苦しくなってしまうかもしれません。家賃の目安は、手取り収入の3割程度に抑えることが重要だと言われています。

ライフスタイルに合わせて居住地を選ぶ

賃貸住宅は、ライフスタイルに合わせて選ぶことも重要なポイントです。電車通勤の人が駅から遠い物件を選んでしまうと、毎日の生活が大変になります。このため、無理なく通勤できる場所を選びましょう。また駅近の物件は、駐車場の料金が高い傾向にあります。車通勤の人の場合、郊外に目を向けると、お手頃な料金の駐車場が見つかるかもしれません。

絶対に譲れないポイントを予め決めておく

賃貸住宅の好みは、人ぞれぞれ異なるものです。トイレとお風呂は別々じゃないとダメだという人もいれば、キッチンの広い物件に住みたいという人もいます。しかしながら全ての希望を叶えてくれる物件は、家賃が高額になってしまいがちです。このため絶対に譲れない条件については、予め優先順位を付けておきましょう。そうすれば、複数の良い物件が出てきた時に選びやすくなります。

賃貸住宅は必ず下見をする

賃貸物件を下見をせずに決めてしまうのは、大変危険です。賃貸住宅はネットで簡単にチェックできる時代になりましたが、良い部分だけ紹介されているケースが少なくありません。物件はメリットだけでなくデメリットもあるので、これらを自分の目で確かめて、契約する前に把握しておくことも重要です。隅々までチェックして、納得できる賃貸物件を選びましょう。

江別の賃貸物件で特にお勧めなのが戸建ての物件です。広々とした敷地であっても、サラリーマンの感覚でもお手頃価格で手に入れられます。