住宅設計で家造りが決まる!?予算を抑えて住みやすい家造りをしよう


住宅設計と予算の関連性

住宅の予算を3,000万円以内などと明確に決めておくのが理想ですが、これは意外と難しいでしょう。多くの人は住宅設計をする段階で、大まかな予算が決まってくるケースが多いはずです。住宅設計をするときに注意したいのは、施工費用が増えていくケースが多いことです。住宅設計をしていると、ほしい設備が次々と出てくることが少なくありません。すると施工費用が100万円、また100万円と増えていったりします。

家造りにお金をかけすぎないためには、ローコスト住宅を意識しましょう。例えば、3,000万円が予算の上限という場合、2,500万円などと少なめの金額で住宅設計をしていくわけです。すると途中で追加したい設備が出てきても、3,000万円以内に抑えられる可能性が高くなります。

シンプルで住みやすい家とは

注文住宅造りにおいても、シンプルイズベストという考えが普及しつつあります。シンプルに徹するメリットは、施工費用を抑えられること、断捨離ができること、住宅の維持管理費を軽減できること、などです。使用頻度が低いと思われる設備は導入しない、家具や家電は必要最低限にする、などを意識すればシンプルかつローコストな家造りが実現します。

家というのは建てて終わりではなく、手放すときまで維持管理をしていく必要があります。そのため建物自体にお金をかけすぎると、肝心の維持管理費を捻出できなくなる可能性があるのです。シンプルな住宅設計にすれば、施工費用を減らすことにつながります。またシンプルな家は間取りもシンプルで、掃除をするときに楽というメリットもあります。

3000万の家を土地も含めて首都圏に建てようとすれば、自分達の理想の家は少々難しいです。思い切って地方に出れば坪単価の安い土地が見つかり、十分な広さの家が建てられます。