何を基準に判断すればいい?賃貸住宅を選ぶ時のポイント


立地条件と周辺環境を確認しよう

賃貸住宅を選ぶ際のポイントとして一番に挙げられるのは、立地条件です。物件から最寄りの駅までの道を実際に歩いてみると、通勤通学の所要時間や最短ルートを把握することが出来ます。利用できる駅が多い物件の場合、どの駅からも遠いという可能性があります。よって、地図を見るなど、提示されている情報が正しいかどうか自分自身で確かめることが重要になると言えるでしょう。また、賃貸住宅選びでは、立地条件だけでなく周辺環境も考慮する必要があります。一般的に、自宅または最寄り駅の近くに公共施設や商業施設があると暮らしやすい、とされています。具体例として挙げられるのは、病院やスーパーマーケットなどです。物件に入居した後の実際の暮らしをイメージすると、暮らしやすい環境かどうか判断しやすくなるでしょう。家族構成に合わせて周辺環境を確認することも効果的です。ファミリー層の場合は公園や学校との距離を、女性の一人暮らしの場合は街灯の有無などをそれぞれチェックしてみてください。

家賃と家賃以外にかかる費用

希望する条件に全て合う物件が見つかったとしても、家賃が予算を上回っている場合は毎月の負担が大きくなってしまいます。基本的な家賃の目安とされているのは、手取り収入の3分の1の金額です。また、賃貸住宅に入居する際は家賃以外にも敷金や管理費、保険料といった初期費用が必要になります。初期費用の金額は物件によって異なるため、事前に不動産会社に確認しておくことをおすすめします。

室蘭の賃貸は、保証人なし、敷金0円ですぐ入居できるところもあります。ネットで検索するか、直接、不動産仲介業者を訪ねましょう。