賃貸物件の設備が壊れてしまった!どのように対応をすれば良い?


まずは物件の所有者や管理会社に連絡を入れよう

賃貸物件の設備の多くは、時間の経過とともに劣化していきます。もし、設備が突然壊れてしまった場合は、賃貸物件の所有者や管理会社に連絡することを何よりも優先しましょう。賃貸物件に設置されている設備は所有者のものであり、壊れてしまった設備をどのようにするかは原則として所有者、もしくは所有者に管理を委託されている者が判断するからです。入居者側で勝手に専門業者に修理を依頼しても、所有者や管理会社が修理にかかった費用を精算してくれるわけではありません。また、所有者や管理会社が設備の修理を行う業者を指定している場合、勝手に修理を依頼した業者が指定外だと大きなトラブルになる可能性があります。入居者は所有者側からの判断を待ち、勝手な行動はとらないようにしましょう。

設備の修理費用は誰が負担することになるのか

壊れてしまった賃貸物件の設備は、専門業者による修理が完了すれば、元通りに使用できるようになります。その後、業者から修理費用が請求されますが、誰が支払うのかは壊れるまでの経緯などによって決まります。通常想定される範囲内で使用している中で設備が壊れたのであれば、所有者側の費用負担で修理が行われますが、入居者側に過失があることが明白な場合は入居者が全て負担しなければなりません。また、本来であれば所有者側が負担すべきケースであっても、壊れたことを報告しないまま放置を続けていたことが発覚すると、善管注意義務違反として入居者に修理費用の負担を求められる可能性があります。

札幌へのアクセスが良好な小樽の賃貸住宅の相場について、市中心部に位置する小樽駅から徒歩5分圏内を条件としてみると、単身者向けのワンルームで4.8万円、家族向けの3LDKで7.7万円となっています。