注文住宅の土地探しとローンの組み方を考える


土地と建物のローンは1本化?2本立て?

土地を保有していない人が注文住宅を建てる際、まず住宅の建設地を確保しなくてはなりません。そんな時、土地探しに強みのあるハウスメーカーを選ぶと、土地を見つけやすくなる上、譲渡人や不動産業者との交渉も楽になります。建築工事も同じハウスメーカーに依頼することになるので、土地と建物を1本化した形でローンを組めるでしょう。住宅ローンは、建物と土地の2本立てで組むこともできますが、1本化した方が手続きも返済も簡略化できるし、ローンの手数料も低く抑えられます。

中には「先に土地だけを見つけ、家のローンは別に組みたい」と考える人もいると思いますが、土地だけに融資できる住宅ローンはありません。ただ建設費用との2本立てであれば、土地と住宅それぞれにローンを組むことは可能です。この場合はまず土地代金のローンの審査が行われ、それに通過したら土地の引き渡しと決済が行われます。次に建築費用のローン審査を受け、その後に建築契約を締結するといった流れになります。つまり手続きが2回必要となるので、余計に手間がかかります。

ローンを1本化した際のデメリット

しかしローンを1本化した場合にも、面倒な点があります。土地の売買契約と引き渡しは建物の着工前に行われる一方で、住宅ローンの融資は、完成した建物が引き渡された後に実行されるからです。その間、土地の譲渡人に支払いを待ってもらわなくてはなりません。これが2本立てにした場合には、先行して土地代の融資が受けられます。またローンの審査時には、建築費の概算を示す必要がありますが、1本化した場合、建築プランの構想に充てる時間を十分に確保しにくいかもしれません。

愛知の注文住宅を建てる時、名古屋や名古屋に通じる駅の近くだと、土地の価格が大幅に上がるため、車通勤の方でしたら駅から離れた土地を購入するのがひとつの手です。